Diseases

フクシアの病気など

 スス病

発生時期  冬季室内に取り込む場合は一年中発生しますが、下記のように原因となる吸汁性害虫の発生時期(4-10月)に多発する傾向があります。
症 状  黒いカビの菌糸により、フクシアの葉に黒いスス状の汚れが付きます。茎にも発生します。致命的な病気ではありませんが、蔓延すると美観を損ねるだけでなく、フクシアは衰弱していきます。これはスス病により呼吸や光合成が阻害されるためと考えられます。一般的に日当たりが悪く湿度が高いところで発生しやすい病気です。
対処方法  スス病は、アブラムシやオンシツコナジラミ等の吸汁性害虫の排泄物を栄養にして広がっていきます。スス病その物に対しては、付着している葉を見つけ次第取り除き、薬剤としては殺菌剤を散布しますが、原因となっている吸汁性害虫への対処をしないとほどなく再発してしまいます。
 フクシアの生育場所の風通しが悪いと発生しやすいので、風通しを良くしたり、枝をすかしたりします。
市販の防除薬剤
(販売名)
スス病そのものへの対処
 ダイセン、トップジンの散布

原因となる吸汁性害虫への対処
<液剤>
アセタミプリド液剤(モスピランスプレー、液剤)、アセフェート液剤(オルトラン水和剤)、イミダクロプリド液剤(ブルースカイAL)、オレイン酸ナトリウム液剤(オレート)、デンプン液剤(粘着君)、ピリミフホスメチル乳剤(アクテリッリック乳剤)

<粒剤>(浸透移行性)
アセタミプリド粒剤(モスピラン粒剤)、アセフェート粒剤(オルトラン粒剤)、ニテンピラム粒剤(ベストガード粒剤)
注)吸汁性害虫に対して適応できる登録作物があり一定の効果が認められる薬剤です。

コメント  スス病は、吸汁性害虫によって引き起こされるので、原因となっている害虫の発生を抑えるのが根本的な対処法です。

ボトリチス病(灰色カビ病)
発生時期  ボトリチス菌というカビが原因で起きる病気です。低温多湿を好むため、屋外栽培では、春先から梅雨、秋から冬の初めの気温が低めの時期が好発期です。またフクシアを冬季室内で管理している場合も低温多湿になりやすいので好発期です。
症 状  害虫の食害痕の傷口やしおれた花がらなどから、あるいは窒素過多で軟弱に育った植物組織からカビが進入するとされています。フクシアの葉が縮れておちたり、茎も萎縮し溶けるように腐って枯れていきます。さらに症状が進行すると患部が灰色のカビに覆われるようになります。
対処方法 <予防対策>
  • 多湿を好むことから、水のやりすぎ(過湿)に注意します。
  • 窒素分を多くやりすぎると植物が軟弱になり抵抗性が下がるので施肥管理に注意
  • 花がらや黄変した葉などをこまめに取り除く。
  • 枯れた葉などをポットに貯めない。
  • 株同士の間隔をとり風通しを良くする。

<発生したら>

  • 灰色カビ病で枯死した部分にも菌は残っているのできれいに取り除く。
  • カビが発生していたら、その部分を取り除くかカビをきれいにふき取る。
  • 抗菌剤を散布する。
  • 木酢を散布する。(忌避効果もあり一気両得)
市販の防除薬剤
(販売名)
ダコニール1000、オーソサイド水和剤、ベンレート水和剤
コメント  私のところで、ボトリチス病が発生しやすいのは冬季に室内でフクシアを管理している時期です。出来るだけ乾燥気味に管理しています。年数の経った株などは多少のことではびくともしませんが、挿し木したての小苗や若いフクシアでは枯れてしまうことがあります。

copyright(c) 2002-2011 Fuchsia.JP All Right Reserved